在宅ワークの種類

今すぐ始めたいけど何の在宅ワークを始めればいいか判らない

という方に、まずは比較的求人が多く、一般的な在宅ワークの種類をご紹介します。

副業というからには、自宅でできて、仕事の時間や量も自分で調整することができることが

必須となってくると思います。

みなさんのライフスタイルに合わせたピッタリの在宅ワークをはじめましょう。


@ テキスト入力

単純に文字をパソコンに入力するお仕事です。パソコンタイピング文字入力ができる人なら、

月数万円の副収入を得ることが可能、またタイピングも慣れ、不慣れがあるので

極めれば、極めるだけ、タイピング速度も上がり収入も増えていく

まさに「手に職を付ける」的な仕事になっていきます。

単価は安いので、始めはなかなかおぼつかない方が多いようですが、

 未経験者でも求人があり、始めやすい副業といえます。

きちんと仕事をこなしてクライアントとの信頼関係を築き、

あなた自身のスキルを向上させることができれば、

より単価の高いお仕事につながる場合もあります。



A データ入力
 
こちらはエクセルやワードなどを使って文字や数字を入力し、 データベース化するお仕事です。

パソコンスキルがある人や単調な仕事を得意とする人に向いています。

データ入力は、手書き資料や音声データを、文字入力していきます。

採用では、エクセルやワードの経験が聞かれることがあります。

ある程度のパソコンスキルが必要なため、 テキスト入力より、報酬単価が高く設定されています。

データ入力に一番求められるのは速さと正確さです。

いかに早く、ミスなくデータ入力できるかが求められます。

単調な作業は誰でも簡単にできますが、集中力が求められる仕事です。

アンケートや名簿などの入力が一般的です。



B ウェブライター

Webライターのお仕事はだいたい「キーワードに従って何文字以上の記事を書いてください」的な

感じでクライアントからの依頼が来ます。

作りたい記事にはテーマがあり、それに付随したキーワードの説明などを書く仕事が多いようです。

例をあげれば「副業というキーワードを含んだ400文字以上の記事で」といった感じです。

キーワードが知らなかった場合、調べて書ける案件が多く、特殊な知識やスキルをそこまで必要としません。

気軽にお仕事できるのが魅力です。



(2) リライト

リライトとは、既にある文章を書き直したり、部分修正する副業です。
 
オリジナルの文章をわたされて、それをほぼ意味を変えないように

語尾をいじったり、よく似た意味の単語に置き換えたりと

文章は書き方を変えることで、全く違う記事に見えたり、新鮮にかえたりすることで、

心への響きも違ってきたりします。

ある意味 国語力(表現力)がモノをいうお仕事ともいえるのではないでしょうか?





(3)テープ起こし、文字起こし

テープ起こしとは、インタビュー、会議、講演会等の録音されたものを文章化するお仕事です。

いろいろなお仕事があり、通常聞くことが出来ないような話、知識が得られる機会も多く、

やりがいをもって行なえるお仕事になっています。


戻る
戻る